FC2ブログ

中田冠の官能小説

プロフィール

小説家になろう にて
処女とサイコパス
連載中です。

※性的な描写が含まれますので
18歳未満の方はご遠慮ください。

ランキング

アダルトランキング 人気ブログランキング(官能小説)
ブログランキング・にほんブログ村へ
エログ-(エログランキング) blogramのブログランキング
アダルトクリエイターズ かうんとだうん☆あだると
アダルトサーチエンジンMAX アダルトサーチエンジン「X」エックス
i2iランキング

PR

アダルトコミックランキング(Amazon)

検索フォーム

QRコード

QR

SEO

  • SEOブログパーツ
無料アダルトサイト A-PageRank

スポンサー広告 - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処女とサイコパス - 第二十九話:由紀の番

ぐったりとしていた2人に気を使って、しばらく待っていた由紀だったが、我慢できずに四つん這いで慎吾の方へと近づくと、顔を寄せ恥ずかしそうに小声でおねだりする。

「私まだイけてないんです。私にもオチンチン入れて下さい。。。」

呼吸も戻り、動けるようになっていた美咲が気を使って起き上がり、慎吾の上から降りた。それを見て、してもらえると期待した由紀だったが、慎吾が言った言葉に耳を疑う。

「その双頭ディルド使って、美咲をイかせたら、お望みのチンポをハメてやろう。」

「そんな。。。」

「ご主人様、なんてことを。。。」

「ごめん。美咲。。。私、慎吾さんにしてもらいたいの。」

お風呂でも指でだけ、その後は気持ちよくなるものの、イかせてすらもらえず、溜まりに溜まっていた由紀は冷静さを失っていて、自分のオマンコにディルドの片側を突っ込むと、美咲ににじり寄った。

「ちょっと待って。。由紀、私さっき連続でイったばかりで。。。ああ!。。。」

少し後退った美咲だったが、捕まってしまい、上に乗ってきた由紀にディルドを挿入されてしまう。

「美咲。。。ごめんね。お願いだから、イって。。でないと私。。。私。。。」

美人女子大生2人のレズプレイを生で間近で鑑賞。こんな特等席に座れる機会はそうそう無いだろうな。堪能させてもらおう。

「美咲。。。ん。。。チュッ。。はむ。。。レロレロ。。。はぁはぁ。。ん~~。。レロレロ。。。」

「あ。。あ。。由紀。。。ん。。。チュッ。。はむ。。。レロレロ。。。はぁはぁ。。ん~~。。レロレロ。。。」

慎吾に言われて始めた由紀だったが、友達を犯しているというシチュエーションに興奮してきて、濃厚なキスをし、胸に手を伸ばし自分よりも大きなオッパイの揉み心地に気持ちよさと羨ましさを心に湧き上がらせながら美咲の身体を夢中でむさぼる。

「由紀。。。激しい。。。慎吾さん見てるのに。。。」

そんな。。。大好きな人に見られながら、友達に犯されるなんて。。。こんなのダメ。。。ダメなのに、気持ち良くなってきちゃってる。。。

何度も絶頂した後のオマンコはディルドであっても、慣れない由紀の動きでも、着実に快感を強くさせていき、絶頂へと導いていってしまう。好きな人に見られながら友達に犯されるという背徳感も手伝って、最初は抵抗の言葉を発していた口も、喘ぎ声しか発さなくなっていく。

「あ!。。。あ!。。。ん!。。。はぁ。。。ん!。。。あ!。。。」

「私が美咲を喘がせてるんだ。。。嬉しい。。。可愛いよ。。。」

パク。。。チュゥ。ペロペロ。。。
乳首を口に含んで、舌で転がす。自分がされると気持ち良いことが分かるぶん、同性からの愛撫は慎吾とはまた違った優しい気持ちよさで、美咲はさらに高まっていく。ディルドでなければ、いつも慎吾が味わっているギュゥギュゥと締め付けてくる至福の快感を由紀も味わえていただろう。ただ今回はその快感を味合わずに済んで良かったのかもしれない。美咲より先にイってしまうと慎吾にしてもらえないのだから。

「あ!。。。由紀。。。ダメ。。。またイっちゃう。。。あああ!。。。ん!。。。ん!。。。はぁはぁ。。。」

背中を弓なりに反らせると、身体をビクビクと震わせた。

「はぁはぁはぁ。。。美咲、イったのね。。。はぁはぁはぁ。。。慎吾さん。。。」

「ああ、良いもの見せてもらったよ。約束通りしてやるから、美咲の上に仰向けに寝てみろ。」

「え?。。。はい。。。美咲ごめんね。重いかもしれないけど。」

「ううん。大丈夫。。。あんっ」

「え。。ちょっと、そこは。。。ん!。。。ああ。。。」

由紀が美咲の上に寝転がると、美咲のオマンコから生えているディルドを由紀のアナルに挿入した慎吾は、2人の反応を面白がって、ディルドの中央部を持って2人を同時に責めるべく前後に動かす。

「ああああ。。。止めて。。。慎吾さんのが欲しいのに意地悪しないで。。。んあ。。。はぁはぁ。。。」

「私も。。ああ!。。。イったばかりだから。。。んあ!。。。待って下さい。。。はぁはぁ。。。」

「分かったよ。入れるぞ由紀。」

「はい。。。来て下さい。。。あ。。。」

2人の様子を見て、仕方がないなと、ディルドを2人に挿入したまま手放し、由紀の股間の前へと膝立ちでにじり寄る。2人のレズ行為を見ていた時から反り返るほど勃起していた肉棒を由紀の入り口にあてがう。それが視界に入ってすぐに、期待に満ちた目で凝視してしまっていた由紀は、先端が触れただけで喘ぎを漏らしてしまう。待ちかねた快感への期待で心臓は高鳴り

「早く。。。」

艶っぽい声でおねだりしてしまう。

「ああああああ!。。。。」

ずっと待ち焦がれたものが入ってきて、絶叫に近い喘ぎ声をあげる。ディルドよりも大きく、なにより暖かい。慎吾のモノに押し広げられながら快感を伴って膣内を満たされていく感覚は、他の男も知る由紀にとっても別もののようだった。
根本まで挿入し終わると、ゆっくり腰を引き、再び押し込んだ。ゆっくり大きく抽送を繰り返す。

「ああ!。。。んあ!。。。っあ!。。。」

リズム良く抽送しつつ、2人を繋ぐ双頭ディルドに手をかけ、腰を突くのと同時に、ディルドも動かし始めた。

「あああ!。。。そんな2本同時なんて。。。あああ!。。。はぁはぁ。。。んああ!。。。んん!。。。」

「ああ!。。。」

私も由紀と同時にしてもらってるみたい。。。

うっとりとした表情で見つめてくる美咲の顔に引き寄せられるように由紀越しにキスをした慎吾。手と腰を動かし、由紀の二穴を責めているのに舌を絡め、求めあっているのは慎吾と美咲という奇妙な構図になってしまう。耳元で、ピチャピチャと舌を絡める音が聞こえてくる状況に由紀は寂しさを感じ、慎吾の顔を両手で掴むと、美咲から引き離し、自分の顔の前へと持ち上げて見つめる。

「こんな時ぐらい私を見て下さい。。。はむ。。。ん!。。。はぁはぁ。。。ああ!。。。レロレロ。。。んん!。。。ああ!。。。ん!。。や!。。あああ!。。。」

唇を奪い、舌を差し込み。がむしゃらに慎吾を求めて舌を絡ませるも、2つの穴から同時に登ってくる強烈な快感で喘ぎを漏らす。

私の慎吾さんなのに。と、強引に奪ってキスしはじめた由紀にヤキモチを焼きながらも、オナニーするほど寂しさをつのらせていた由紀がお願いして始まった3Pだし、由紀にも気持ち良くなって欲しい。独占欲と友情とに板挟みになり葛藤もあったが、今は由紀に譲ろうと考えた。それでも悔しかったのか、せめてもの意趣返しにと、上で喘ぎながらキスをしている由紀のオッパイを後ろから両手で鷲掴みにして、乱暴に揉んで、乳首も強く摘んで擦った。私の慎吾さんなんだからね。今だけだよ。と、主張するかのように。

「んあああ!。。。ちょっと!美咲。。。今そんなことされたら。。。あああ!。。。。はぁはぁはぁ。。。ん!。。ん!。。。」

「だって、私がキスしてたのに。ああ!。。。ダメ!。。。そんなに激しく動かさないで。。。はぁはぁ。。。んあ!。。。」

二穴からの刺激だけでも頭が痺れてしまいそうだった所に、あらたに胸からの刺激まで合わさってしまい。呼吸は荒くなり、喘ぎ声が抑えられない。キスをしていては酸欠になってしまいそうなほど苦しく、慎吾から顔を離して、酸素を求めるが、連続で襲う快感で、その呼吸すらままならない。慎吾にしがみつくように抱き締め、脚を腰の後ろに回してクロスさせる。

「おい。由紀、脚。」

射精感も限界にきていた慎吾は、顔にでも出してやろうと思っていたところに、しがみつかれ、腰にも脚がまわって抜けない状況になってしまい、焦った。

「このまま中に下さい。。。美咲みたいに幸せ感じさせて下さい。。。ああ!。。。はぁはぁ。。。ん!。。。ん!。。。」

由紀。。。中に出して欲しいなんて、そんなに慎吾さんのこと?。。。

由紀が妊娠できない身体になってしまっていたということをまだ知らされていない美咲にとってみれば、由紀も私と同じように慎吾の子供を妊娠したいと思っているんだと考えてしまう。
心の中では複雑な思いが渦巻いていた美咲だったが、今日何度もイった身体は、まるで絶頂へのバイパスができてしまったかのように、ディルドで突かれただけで強い快感に襲われ高まっていってしまう。

「あああ!。。。イク!。。。イっちゃう。。早く私の中に。。。あああ!。。。」

「だめだ。。。出る。。。」

慎吾さんが由紀の中に。。。イヤなのに。。。気持ち良くて何も考えられなく。。。

「あああ。。。ダメ!。。。私もイっちゃう。。。あああ!。。。」

「ああ。。。出てる。。。中に来てる。。。ん!。。。はぁはぁ。。。暖かい。。。嬉しい。。。」

とうとう、3人同時に絶頂した。三者三様、複雑な思いもありながら、今は快感で何も考えられず重なりあって乱れた呼吸を繰り返した。しばらくすると、美咲、慎吾、由紀の順に川の字に寝転がったが、快感の余韻に浸っているのか、3人とも目は虚ろ、乱れた呼吸を整えていくのがやっとのようだった。

落ち着いてきた美咲と由紀は慎吾の腕を枕代わりにして、慎吾の方を見ようと顔を向けると、目が合ってしまう。
行為の真っ最中は気持ちが昂ぶっていたため、思わず中出しをおねだりしてしまった由紀だったが、いざ落ち着いてこうして美咲と目を合わすと、途端に申し訳ない気持ちでいっぱいになる。彼女の目の前で、その彼氏に中出しをお願いしたのだから、本来なら彼女から殴られても文句の言えない状況。

「ごめんなさい。美咲。。。」

「ううん。良いの。気持ち良かった?」

もちろんイヤだという感情はあったし、慎吾さんの精子は私だけのものと言いたかった。好きな人に中に出して欲しいと思うのは、共感するところでもあり親近感も感じていた。自分が大好きな人を大好きな友達も好きだということが嬉しくもあった。趣味や好きな食べ物が一緒だと嬉しい人は多いだろうが、異性となれば話は別という人が多数派だろう。それなのに美咲は由紀を許す言葉を口にしていた。
出会いの特殊さゆえか、嫉妬して2人を責めて面倒くさい女と思われたくなかったのか、独占するよりも3人のこの心地よい時間が何ものにも勝るからか。美咲自信にもよく分かっていなかった。

「ありがとう。。。うん。。凄く良かった。美咲が気持ちよさそうで幸せそうな顔をしてた理由がよく分かったよ。」

奇妙なやりとりを見ていた慎吾は、自分の胸の上で手を取り合った美咲と由紀のことを変わった友達関係だな。と、自分の行為のせいで複雑にさせていることを棚に上げて、2人の関係性を不思議に思いながら、おそらく他の女性とはまったく違うであろう、この2人との時間が、とても心地良いものにも感じていた。

「慎吾さんも由紀も大好き。ずっとこうして一緒に居たい。」

「うん。ずっと一緒に居られたら良いね。」

「お前らは本当に、変な女だな。」

「慎吾さんにだけは言われたくありません!ね、美咲。」

「そうですよ。こんなにしたの慎吾さんなんですから。」

不満げに反論した2人だったが、直後に3人とも笑顔になって笑い合った。

慎吾は2人の頭を撫でながら、一緒に居たいという2人に心の中で同意してしまっている自分も同類か。と、可笑しくなってしまう。

3人はしばらくの間、無言で互いの温もりを心地よく感じていたが、瞼が自然と閉じていき、眠りに落ちていった。

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 中田冠の官能小説 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。