FC2ブログ

中田冠の官能小説

プロフィール

小説家になろう にて
処女とサイコパス
連載中です。

※性的な描写が含まれますので
18歳未満の方はご遠慮ください。

ランキング

アダルトランキング 人気ブログランキング(官能小説)
ブログランキング・にほんブログ村へ
エログ-(エログランキング) blogramのブログランキング
アダルトクリエイターズ かうんとだうん☆あだると
アダルトサーチエンジンMAX アダルトサーチエンジン「X」エックス
i2iランキング

PR

アダルトコミックランキング(Amazon)

検索フォーム

QRコード

QR

SEO

  • SEOブログパーツ
無料アダルトサイト A-PageRank

スポンサー広告 - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処女とサイコパス - 第三十九話:旅行6

先に寝たこともあって、一番早く目覚めたのは美咲だった。携帯で時間を確認して目覚めるのが早すぎたと思いながら、慎吾の方に視線を移す。寝顔を見ていると、いつもなら幸せな気持ちになるのに、昨夜のことが頭をよぎる。ザラついた気持ちを振り払うように、慎吾の布団の中に潜り込み、股間に手を伸ばしてしまう。気持ちが沈むと慎吾の身体を求めてしまう自分に心の中で苦笑いしながらも、弄っていると手の中でだんだん大きくなってくるのを感じると嬉しくなってしまう。

寝てても、大きくなるんだ。可愛い。

そんな風に思いながら寝顔を見ていると、ゆっくりとその目が開いた。

隣でゴソゴソされて眠りが浅くなってきているところに、次は股間に違和感。昨夜のこともあり、また由紀かと思ってゆっくり目を開くと、覗き込んでいる美咲の顔が飛び込んでくる。

「何してるんだ?」

「おはようございます。」

「いや、おはようございますじゃなくて。」

「これ、触ってるんです。寝てても大きくなるんですね。」

「触って、大きくして、どうするんだ?」

「入れて下さい。」

「なにを?」

「その。。これを。。。」

「これじゃ分からないだろ。」

「分かってるくせに。。意地悪です。。オチンチンを。。。」

目覚めたばかりで好きなようにされていた慎吾だったが、覚醒してくるにつれ、からかう余裕が出て来た。
初めは悪戯気分で余裕の笑みを浮かべていた美咲だったが、恥ずかしいことを言わされることになってしまってからは、顔がどんどん赤くなり、困ったような恥ずかしそうな表情へと変わっていく。

「どこに?」

「アソコに。」

「アソコじゃ分からないな。」

「うぅ。。。私のオマンコに入れて下さい。」

こいつは、本当に可愛い反応するな。

上体を起こすと、美咲の上に腕立ての格好で覆いかぶさる。慎吾が体勢を入れ替えても大切そうに持っていたモノを自分の大切な場所へと誘導すると、もう一方の手で下着をずらし、割れ目にあてがった。
これから愛撫を始めようとしていた慎吾は、先端に感じる水っぽいヌメっとした感触に驚く。

「美咲、いつの間にこんなに濡らしていたんだ?」

「すみません。慎吾さんのを触ってる時に、自分のもつい弄ってしまってました。」

「俺のを触りながらオナニーしてた訳か。こんなにエロい女になってるとはな。」

「慎吾さんのせいじゃないでぅぁあああ!。。んんん!。。。」

反論は頭が痺れるような快感によって遮られてしまう。突き上げられるたびに、圧迫感があるにも関わらず、それを上回る快感に襲われる。夢中で背中に腕を回し、しがみつくように抱きしめる。喘ぎ声を必死に堪えながら抱きついていたのだが、2人の身体の間に慎吾の手が入ってくると、邪魔をしないようにと気を遣ったのか、胸を揉んで貰えるとの期待からなのか、美咲本人も意識しないうちに自然と腕の力を弱め、2人の間に空間を作る。自由になった手は浴衣をはだけさせ、柔らかな膨らみの形を卑猥に歪め、コリっとした先端を指で器用に転がし始めた。
身体の内部から来る強い刺激とはまた違った快感が追加され、快感の波に溺れていくような錯覚を覚える美咲の耳に慎吾の声が聞こえてくる。

「しかし、こうして見ると、浴衣っていうのは大胆な服だな。脱がさなくても、ボタンを外さなくても、ただ胸元を左右に広げるだけでオッパイを揉めるし、脚元をはだけるだけで挿入までできてしまう。」

快感のせいではっきりしない頭に、慎吾の目に写っているであろう自分の淫らな姿が思い浮かんでくる。そのイメージのせいで気分的な興奮もプラスされ、絶頂に向けて加速していく。

「慎吾さん、早くイッて下さい。私、もう。。。はぁはぁ。。。私の中でイって下さい。孕ませて下さい。。。んん!。。。はぁはぁ。。んぁ。。んん。。。」

「ああ、出してやる。もうこっちも。。。」

「んん~~~!」

抱き締め合いながら、2人同時に絶頂を向かえているところに、突然、スーッ、バンッ!と、音を立てて、入口側の襖が勢い良く開かれた。その音にビクっとしながら2人が顔を向けると、驚きと、気まずさの入り交じる複雑な表情をした若女将が立ち尽くしていた。

Comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

Copyright (C) 中田冠の官能小説 All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。